ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Halo Wars [XBOX360]

HaloWars Xbox 360 プラチナコレクションHaloWars Xbox 360 プラチナコレクション
(2010/03/11)
Xbox 360

商品詳細を見る


「Halo Wars」のキャンペーンモードをクリアしたので感想など。
なお、ノーマルでのみクリア。オンラインは未プレイ。

コンシューマには不向きと言われているRTS。
そのRTSを「Halo」という超有名・人気タイトルを使って、AoEシリーズを手がけたEnsemble Studios作成するというのだから、否が応でも期待は高まるというもの。

コンシューマでRTSということで、操作がどうなっているのか不安だったけど、とりあえずゲームが普通にできるレベルにはなっていて安心。とりわけ画期的な操作になっているわけではないが、直感的にわかり易く、誰にでも使えるものになっていると思う。RTSをこれからはじめてみようという人にもスムーズに使うことができると思う。
ユニットの生産などでは円形のメニューが出てきて、左スティックで選択する形になっており、これはかなり選びやすかった。
各ユニットについては、単独で選ぶことも出来るし、エリアで選ぶこともできるし、画面内全部や全ユニットを選ぶなど、工夫をしているように思う。ただ、やはりマウスと比べてしまうと、どうしても選択しずらく、密集している際に特定ユニットを選ぶのは困難。こういう場合は、複数を選んでしまい、グループ内でユニット切り替えるのが正しいのだろう。

グループといえば、グループごとに番号を割り振って、ショートカットで飛ぶといったことが出来ないのは、かなりストレス。
コンシューマで実現するのはかなり難しいのだろうと思うけど、それでも何か手立てを考えて欲しかったところ。

ゲーム内容はかなりシンプル。
コンシューマを意識してなのか、ユニットもシンプルだし、技術体系もシンプル。
はじめてRTSを体験する人にとっては迷いが少なくよいかもしれないが、それでも今時のゲームという意味ではシンプルすぎる感じがする。とくにAoEシリーズやWCシリージ経験者であれば、物足りないものを感じるのではないだろうか。
ただ、Haloよりも前の時代ということもあり、あまり突飛なものを出して世界観を壊すわけにもいかなかったという制約があったのかもしれない。

キャンペーンについては、かなり短いので物足りなさを感じた。
全部で15シナリオと少なく、各シナリオもそれほど時間がかかるわけではないので、全体としてあっさりしており、終わったときには「もう終わり?」といった感じ。終わり方も微妙だったし(Haloへ続くためにはしかたないけど)。
またUNSC側しかプレイできないというのも残念。ゴブナント側には魅力的なユニットがたくさんあるので、それを使ってみたかった(CPU戦や対人では使うことはできる)。

ユニットについては、一応3すくみの関係はあるらしいが、それほど強く感じることはなかった。
というか、スコーピオンが万能すぎた。これを量産すれば、ほとんど勝ててしまう。
難易度が上がればここら辺はもうちょっと違うのかなとも思うのだけど、もう少しはっきりと強弱つけても良かったような気がする(対戦だと、強弱が良くわかるのかもしれないが、対戦を行っていないのでなんとも)。

グラフィックは綺麗だし、ユニットが良く動くので、拡大して戦闘を見たい気にさせる。ただ拡大すると全体が見渡せないので、拡大しないけど。
スパルタンが敵ユニットを奪う際の動きは、ガンガン殴っていて見ていて面白い。
また、ゴブナント側のバリアの表現やスカラベの動きなどは、もっと見たいと思わせるものとなっている(だからこそ、ゴブナント側のキャンペーンも欲しかった)。


結論としては、コンシューマで出来るRTSとしては十分遊べるものだと思う。
対戦も発売して間もないということもあり、海外含めて多くのプレイヤーがXBOX Liveで遊んでいるようだし、相手に困ることはないだろう。
ただ、ソロでオフラインで遊ぶということであれば、RTS経験者はもとより、未経験者でも物足りなさを感じてしまうものだろう。また、どうしてもPCのRTSと比べてしまうと操作性等で不満が出てしまうが、そこら辺は致し方ないところか。

Haloを知らなくても楽しめるけど、オフだと物足りないので、RTSをやってみたくバリバリ対戦するという人にはおすすめかな。
もちろんRTS経験者でもお手軽に楽しむという意味ではよいかも。ただ、PCでRTSできる環境にあるのであれば、AoEやWC3・SCをやるほうが楽しいような気もする。

夢中でやったけど、ちょっとあっさりと終わってしまい物足りなさを感じたので、★3つ。
まあ、RTSで対戦やらないってのも、微妙なんだけどね。

[2009年03月10日]
[ 2010/05/10 02:05 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ギアーズ オブ ウォー [XBOX360]

ギアーズ オブ ウォー Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】ギアーズ オブ ウォー Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】
(2007/11/01)
Xbox 360

商品詳細を見る


評判が高いだけに、かなり楽しめた。
簡単操作で色々なアクションができるし、カジュアルにしても適度な難易度だし(カジュアル=ノーマルかな)、キャラもいい味出してストーリーに引き込んでくれるので、最後までダレずに楽しむことができた。

操作はこのゲームの特長である、ボタン一つで壁に隠れたり、隠れながら射撃といったことができ、かなりストレスなく楽しむことができる。これはTPSに慣れてない人でも楽しめるのではないだろうか。
それに、物陰に隠れながら敵を狙い打つという、映画っぽいカッコいい演出が自分で手軽にできるので、スナイパーライフルを持ったときには特に楽しい。
もちろん、あらゆる場面で必要になるアクションなので、常に使っていくことになるのだけど、そういう意味でも手軽にできるというのはポイント。

難易度についてはカジュアルとは言っているけど、普通のノーマルと同じと思われるので、やりごたえは十分。
というか、場面によってはちょっと厳しいんじゃないか?と思えるところもあるので、突っ込んでばかりではクリアはできないので、ちゃんと考えて進む必要がある。それがまた楽しいところなので、適度な難易度設定と思える。

ストーリーは細かい設定はあまり語られないので、ちょっとわかりづらいところがあるけど、そこらへんは雰囲気を楽しむということで割り切るのがいいのかな。
あとゲーム中は頻繁に仲間との掛け合いがあるのだけど、これがゲームを盛り上げる要素になっている。
仲間に指示すること(集合・攻撃・攻撃中止の簡単なものだけど)もできるし、倒れた仲間を助け起こすといったこともできるので、仲間と一緒に戦っている感を出すのに役立っている。
ストーリーは完全に2へ繋がる終わり方だけど、決して中途半端で後味が悪いというものではなく、2をやりたいと思わせる終わり方なので、うまいなと思った。

海外では数々の賞を受賞しているだけあり、楽しさもやり応えも十分。TPS初心者でも楽しめる内容であり、プラチナコレクション(デッドライジングとのセットもあり)があり手頃な価格になっているので、まだの人は是非ともプレイしてみて欲しい。
十分楽しめて、次回作の楽しみなため、文句なく★5つ。


しかし、こんな良作がなんで日本では注目を浴びてないのだろう?
とおもったら、MSのプロモーションがどうにもへぼすぎだったっぽい、、、
いやー、これはないは。
http://www.gamespark.jp/news/117/11730.html

[2009年02月01日]
[ 2010/05/10 01:56 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。