ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
(2010/08/04)
ジョニー・デップミア・ワシコウスカ

商品詳細を見る


面白かった気がする。
気がするんだけど、どこが言われるとそれを言えない感じ。
たぶんこれは、原作を全く知らないから、知っていたら笑えたり、納得出来たり、驚けたりする部分に反応できないからなんだろうなと思う。
それっぽいシーンを見ても、かえって「わからないなー」っていう思いのほうが出てきてしまって、素直に楽しめないみたいな感じで。

この作品も映画館では3D上映ってことがピックアップされていたけど、アバターよりかは3Dだけって感じはなかったかな。
3Dを生かすために、画面奥から手前にっていうシーンはやはり多かったけどね。

主役の女の子が人形みたいなのが特徴的だったな。
かわいいのだけど、人間味がない感じ。
ただそれは序盤から中盤にかけてで、最後の方の笑顔は人間味があった気がした。
これはアリスが成長したってことを表したのかな。

まあ人形といえば、白の女王役のアン・ハサウェイのほうが、よっぽど人形だったかな。
日本語の吹き替えを深田恭子がやっていたというのは、Amazonを見て知ったけど、あっていてよかったな。
天然系な感じがとってもあっていた。

つまらないってことはないのだけど、独特の世界観に入り込めないと楽しめないかな。
なんていうのかな、子供のころから当たり前のように聴いていた話とか、そういった共通項的なものを共有していないと楽しめないような、そんな感じ。
桃太郎や鶴の恩返しを小さいころに聞いて育ったからこそ、大人になって残酷日本昔話が楽しめるみたいな。

映像は綺麗だし、白の女王もよかったのだけど、肝心の話に入り込めなかったので★3つ。
[ 2010/09/24 16:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。