ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カイジ

カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
(2010/04/09)
藤原竜也天海祐希

商品詳細を見る


漫画のおいしいところを映画化した作品。
内容がはしょられたり、簡略化されたりしているのは、まあ原作モノとしてはしかたないところだろう。

カイジ役が藤原竜也ということでカッコ良すぎるかな?とも思ったけど、この俳優、以外に二枚目よりも三枚目やダメ人間役とかが上手いし、あっている気がするので、個人的にはナイスな人選だと思った。

各ゲームの内容については、まあ決められた時間に収めるのには致し方ないのかなとは思うけど、それにしてももうちょっと一つ一つを丁寧に扱ってもよかったと思った。
特に「鉄骨渡り」別に入れなくてもよかったんじゃないかなと思った。
あれを外して「限定じゃんけん」と「Eカード」をもっと時間かけて欲しかったところ。
あと地下の話も無理矢理入れる必要はなかったのでは?

ただ映画という媒体・藤原竜也の人気・カイジファン以外が見てもある程度楽しめる、等々を考えたときにはこんな内容になるのかなーと思ったり。
たぶんカイジファンだったら「限定じゃんけん」や「鉄骨渡り」「Eカード」それぞれ単体だけでも楽しめたろうけど、それ以外の人は置いてけぼりになっちゃうからねぇ。

この映画を見て、原作を読んでみようと思う人がどれくらいいるのだろうか?
それを考えると映画単体としてはまあまあだけど、原作との相乗効果を考えるとあまりプラスにはなってないのかなと思ったり。
まあ、そもそも原作ファンはカイジを映画というか、実写に出来るとは微塵も思ってないだろうが。


それでもこの映画を単体で見たときには、唐突な描写もあるけど、ある程度テンポも良く、緊張感もあり、そこそこわかりやすい作りになっているので、原作知らない人は楽しめるのではないかなと思った。
原作を中途半端に知っている自分としては楽しめたしね。

★3つ。
熱心に薦めることはしないけど、ちょっとカイジってどんなのだろう?と興味ある人には薦めてみたいかな。
あと藤原竜也が好きな人にもいいと思う。こういったキャラの藤原竜也は好き。
[ 2010/09/24 14:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。