ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版:生コマフィルム無し】 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版:生コマフィルム無し】 [DVD]
(2010/05/26)
不明

商品詳細を見る


「これを待っていた!!」

思わず、そう言いたくなる様な、素晴らしい出来だった。

「序」を見たときは、はっきりいって単なるリメイクかと、ガッカリしていた。
しかし「破」を観て、そんな考えはどっかに吹っ飛んだ。

全編新作では!?と思えるくらい、見たことのない映像の連続。
シーンは同じでも、全く違う絵(キレイとかそういう意味じゃなくて)でみる新しいエヴァンゲリオンがここにある。

深まる謎。
先の読めない内容。
高揚感をあおる展開。

どれをとっても、リアルタイムで観ていた当時と同じ、いやそれ以上に面白くなっている。
再構築とはこういったことなのかと、それを見せ付けられ、思い知らされた作品。
これこそが望んでいたエヴァという作品。

もし「序」が総集編だったために「破」を観ていない人がいたら、是非とも観て欲しい。
きっと期待していた、いや期待以上のエヴァがここにある。

もしエヴァを観たことがない人がいたら、「破」だけでもいいから観て欲しい。
「序」や過去の作品を観るのはその後でも遅くはない。たとえ話がわからなくても、きっと惹かれるものがある。


TVシリーズ的に言えば、物語は中盤を折り返したところになるわけだけど、この後にまだ二作続く。
今作の時点で、TVシリーズとは随分と違った形となっているので、この後もさらに楽しませてくれることだろう。
今から「Q」が楽しみでたまらない。

想像の遥か上をいって、十分に楽しませてくれたので、文句なしの★5つ。
[ 2010/06/07 03:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。