ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012

2012  スタンダード版 [DVD]2012 スタンダード版 [DVD]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る


いやー、なんていうのかな。
とりあえず、監督は地球ぶっ壊したかったんだろう。
あと、特権階級?への皮肉が言いたかったと。
ホワイトハウスが空母で潰されるとこなんて特に。

ご都合主義満載だけど、まあそこはそういうもんだと割り切ってみないと。
でないと、この系統の映画は見れないから。

主人公の一人である学者先生は、嫌いなタイプだな。
土壇場になって安っぽい正義感振りかざしやがって。だったら、最初から計画に参加しないか、もっとしっかり予測して人類全員助けろよ。
それが出来ないから、世界各国で頭使って出した結論だったんじゃねーのか?それが間違いだったとしても、人類最大級の津波28分前に人間愛を唱えている場合か?時間と場所を考えろ。どうせ多くの犠牲の上に出来た船じゃねーか。
あと、それに賛同している各国首脳もどうかしてるけどな。だったら、もっと早くゲート開けよと。

それと、金でチケット売るのが悪いことか?
そこに突っ込んでる学者先生、どうなんだよ。そっちじゃなくて、チケット販売を公表してないことを突っ込め。
あと、部屋の広さをみて「10人も入れるじゃないか!」とか怒ってたけど、だったらテメーはなんで鞄いっぱいの本を持ってきているんだと。
最後なんて、結局その部屋で大統領の娘とイチャイチャしてるし。なんなんだ。

もう一人の主人公もなんだかなーって感じ。
家族(離婚してるけど)のために頑張っている風なのだけど、実際のところ頑張ったのは元妻の彼氏ばかり。まあ、最後に少し頑張ったけど。
それで、最後は彼氏は死んじゃって、主人公が家族四人幸せみたいな感じで終わるのはどうなの?

それにしても、ノアの箱舟まんまとは。
ノウイングに続き、聖書モノを二本続けてってのは、ブームなのかな?

ヒマラヤに船がぶつかるっていうのがちょっと面白かったのと、彼氏の頑張りがよかったので、★2つ。
ノウイングよりも評価高いのは、見る前の期待度の違いかな。
CG作品が好きな人は見てもいいかも。

[2010年05月06日]
[ 2010/05/15 02:21 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。