ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
(2009/11/20)
アン・ハサウェイメリル・ストリープ

商品詳細を見る


ダメ新人が色々と鍛えられて成功してく、サクセスストーリー。

主人公のアン・ハサウェイよりも、辣腕編集長のメリル・ストリープ、第一秘書のエミリー・ブラント、編集者のスタンリー・トゥッチなど、脇役の名演技がとても素敵で、見ていて引き込まれていく。

メリス・ストリープ扮するミランダのダメだしの面白さや、そんなミランダにきっちり付いていくエミリー。
泣き言を言っている主人公に「それは自分がダメなんだ」と言うスタンリー扮するナイジェルなど、みんなカッコいい。

映画だから(ってわけでもないが)なんだろうけど、序盤の主人公の職場批判ははっきりいって「だったら辞めろよ」と突っ込んでしまった。
自分で応募しておいて、しかも何も知らずに入って、何バカなこといってんの?と。

主人公が着ている服の色についてミランダがツラツラと説明しているところは、主人公の甘ちゃんさ加減もあって爽快だった。

主人公の彼氏や友達が、主人公が変わったと言うシーン。まあ、わかるって言えばわかるけど、働いているんだから、そりゃー学生のときとは違うだろうさ。しかも、まったくの経験のない世界。誉めてこそすれ、批判するのはちょっとかわいそうじゃないかい?

つーか、彼氏がいまいちぱっとしなかったなー。
最後もちょっと微妙だったし。なんか彼氏の言ってること正しいみたいな終わりで。
まあ、最初の夢とかそういうものを思い出させたって意味では正しいのかもだけどね。

最後のミランダの主人公に対する評価が素敵だった。こういうの大好き。

難しいこと考えずに、素直に楽しめて、結構すっきるする作品。
ファッション的にも色々と有名ブランドのものが出てくるので、そういうのを見る面白さもあるのかな(良くわからないけど、華やかだった)。

ミランダやナイジェルが素晴らしかったけど、彼氏がイマイチだったので★4つ。

[2007年05月07日]
[ 2010/05/14 17:58 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。