ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

万能鑑定士Qの事件簿7


万能鑑定士Qの事件簿VII (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿VII (角川文庫)
(2010/12/25)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


今回の舞台は出版社。
出版している雑誌は大人気で、社長兼編集長はキレ者という、莉子はその社長の第二秘書という、「プラダを着た悪魔」の設定そのまんま。
いやー、ここまで真似していいもんなのかね?とちょっと思ったけど、まあ舞台設定だけを持ってきただけだから、いいのかね。そんなこといってたら、何も作品作れなくなるし。
それにしても、同じすぎて笑った。

莉子が秘書をやっているのはマルサからの依頼で潜入捜査をしているから。
秘書なんて務まるのかな?と思ったけど、豊富な知識で難なく仕事をこなす様は、見ていて気持ちのいいものがある。

第一秘書に取って代わっちゃうところも「プラダを着た悪魔」そのまんまだけど、まあ、そりゃ莉子だったらそうなるよねぇ。

事件の方は純金が合金に変わってしまうというもの。
まあ種明かしを聞けばなーんだというものだけど、今回の話は莉子の秘書っぷりが楽しいので気にならず。
そういう意味で、このシリーズはキャラクター物だなーと思った。

「プラダを着た悪魔」が好きってこともあり面白く読めた。★4つ。
[ 2012/01/11 16:35 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。