ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘘をもうひとつだけ

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
(2003/02/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る


加賀恭一郎の短編が5本入った作品。

「嘘をもうひとつだけ」
「冷たい灼熱」
「第二の希望」
「狂った計算」
「友の助言」

短編のため、どれもほぼ全て解決編のみといった構成。
その分、サクっと読めてスッキリするので、ちょっとの移動時間とかにいいかも。

どの話も、相変わらず悲恋だったり不倫だったり、そんなものが絡んでいる。
推理小説にするにはここらへんの題材を扱うのが定番とはいえ、本当にこの手のテーマが好きなんだなぁと思った。

基本的にどの話もトリックは簡単ですぐにバレてしまうようなもの。
どちらかというと、何故そのようなことをしたのかという動機に重点が置かれているといった感じか。
これは、加賀恭一郎シリーズというか、東野作品の特徴なのかな。

どれも良かったけど「冷たい灼熱」が一番良かったな。
なんとも切なく、ちょっとジーンときた。

「友の助言」は二重にキツイな。
さすがにあの状況はイヤだ(笑

加賀恭一郎シリーズが初めての人でも、気軽に読めるのでおすすめ。
ただ、どれも悲劇的な内容なので、読んだ後にちょっとブルーになるかも。
★4つ。
スポンサーサイト
[ 2010/09/25 15:00 ] | TB(0) | CM(0)

サロゲート

サロゲート [DVD]サロゲート [DVD]
(2010/05/21)
ブルース・ウィリスラダ・ミッチェル

商品詳細を見る


人間の身代わりをロボット(この場合は本人が操るタイプ)が行うことが普通になっている社会で、その社会が崩れていくという内容。

ロボットが人間の変わりになるとかいうのではなく、人間が直接何かをするのではなく、ロボットが代わりをやるという社会。
ただこれって、わざわざ人間の形をさせたロボットが社会を維持する必要あるのか?
まあ全ての人間が身代わりロボットを使っているわけじゃないからってことなんだろうけど、それにしてもわざわざショップで洋服売る必要あんのかな?

これ見て思ったのは「すべてがFになる」の中で真賀田四季が言った「実際に移動することが贅沢になる」というような台詞を思い出した。
確かに物体を実際に動かすということはエネルギーを多く必要だから、バーチャルが発達すればするほど貴重になっていくのだろう。
音楽好きで未だにCD媒体を買うのだけど、これも一種の贅沢だなーと思うしね。
DL販売が増えている現状で、わざわざコストのかかるCD媒体を手にするというのは、贅沢以外のなにものでもないんだろうな。

内容のほうは、題材は好きなんだけどなんか地味な感じで魅入ることもなく、淡々としていた気がする。
他のことやりながら見たといのも大きな理由だけど。
エンジニアが頑張っているのは良かったな。こういった脇役こそが重要だよね。

CMでの印象的な一斉に人が倒れるシーンは面白かったかな。
あとは、可もなく不可もなくといった感じ。
SF的なところへの突っ込みはしても仕方ないのでしない方向で。

気軽に見る分には悪くないかな。
ただすっきりする作品でもないので、そういった期待はしないほうがよいかと。
★2つ。
[ 2010/09/24 17:57 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

サブウェイ123

サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD]サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD]
(2010/09/03)
ルイス・ガスマンジョン・トラボルタ

商品詳細を見る


知略を尽くした頭脳戦という謳い文句だけど、それを期待するとガッカリさせられる作品。
まあ、特殊スキルがあるわけでもない地下鉄職員が「知略を尽くした頭脳戦」を繰り広げるっていうのも無理があるのだから、そもそもの謳い文句がおかしいのだろう。

過去に同様の素材を扱った作品があるらしいので、それのリメイクといった感じなのかな。
これ見て思ったけど「交渉人 真下正義」も同じとこから題材持ってきたのかな。

話は、地下鉄がジャックされて、犯人と最初に接触した主人公がその後の交渉役となるという話。
主人公は自分の触れられたくない過去をさらけ出しつつ、何とか人質救出のために努力する。
最後は犯人を主人公が倒しておしまい。
そんな感じの内容。

これ、犯人は何で主人公を指名したのだろう?
結局犯人の目的は相場で儲けるという、思いっきり金目的で、思想も何もあったもんじゃないのだけど、だったら何でダラダラと主人公と話していたのだろう?
ヒーローってなんだったんだ。

身代金を運ぶ際にパトカーが思いっきり事故に会うのだけど、こんなの道路封鎖しておけよと。
少なくとも市長なんだから、交通局にでもなんでも連絡して、信号全部赤にしておけばいいじゃん。
ちょっと適当すぎないか?

スナイパーがネズミに噛まれて誤射するのだけど、あんなもんなのだろうか?
というか、発砲許可がすぐ下りる状況じゃなかったのだから、あそこまでギリギリ引き金に指をかけているものなのかな?
少なくとも発砲禁じられていたわけだし。あのスナイパーがバカだっただけか?

主人公の収賄のエピソードもちょっと中途半端な扱いだった気もするし、最後もなんだかスッキリしない終わり方だったりと、どれもこれも中途半端だった印象。

期待度が高かっただけに、ガッカリ感も大きかったので、★1つ。
[ 2010/09/24 16:25 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
(2010/08/04)
ジョニー・デップミア・ワシコウスカ

商品詳細を見る


面白かった気がする。
気がするんだけど、どこが言われるとそれを言えない感じ。
たぶんこれは、原作を全く知らないから、知っていたら笑えたり、納得出来たり、驚けたりする部分に反応できないからなんだろうなと思う。
それっぽいシーンを見ても、かえって「わからないなー」っていう思いのほうが出てきてしまって、素直に楽しめないみたいな感じで。

この作品も映画館では3D上映ってことがピックアップされていたけど、アバターよりかは3Dだけって感じはなかったかな。
3Dを生かすために、画面奥から手前にっていうシーンはやはり多かったけどね。

主役の女の子が人形みたいなのが特徴的だったな。
かわいいのだけど、人間味がない感じ。
ただそれは序盤から中盤にかけてで、最後の方の笑顔は人間味があった気がした。
これはアリスが成長したってことを表したのかな。

まあ人形といえば、白の女王役のアン・ハサウェイのほうが、よっぽど人形だったかな。
日本語の吹き替えを深田恭子がやっていたというのは、Amazonを見て知ったけど、あっていてよかったな。
天然系な感じがとってもあっていた。

つまらないってことはないのだけど、独特の世界観に入り込めないと楽しめないかな。
なんていうのかな、子供のころから当たり前のように聴いていた話とか、そういった共通項的なものを共有していないと楽しめないような、そんな感じ。
桃太郎や鶴の恩返しを小さいころに聞いて育ったからこそ、大人になって残酷日本昔話が楽しめるみたいな。

映像は綺麗だし、白の女王もよかったのだけど、肝心の話に入り込めなかったので★3つ。
[ 2010/09/24 16:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

私が彼を殺した

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
(2002/03/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


「どちらかが彼女を殺した」の難易度アップ版。
今回もしっかりと読者への挑戦形式になっている。

今回は容疑者三人の視点でそれぞれ話が進んでいく。
読者への挑戦のお約束として、会話以外には多少の省略があっても虚偽の内容はないので、材料は全て揃っている状態。
犯人の目星は付いたのだけど、論理的な説明を考える前に解説が読みたくなって袋とじをあけてしまった。
ちなみに犯人は動機からの消去法という感じで推測。
やっぱり動機は重要だよね。

容疑者は三者三様それぞれに動機があり、さらに被害者は殺されてもしかたないんじゃないかと思わせるような人物。
何故殺したのかという動機の部分はそれぞれ殺すに足るものがあるので、どうやって殺したのかが今回のポイント。

なんだけど、一番の謎といえるものはもっと別にあって、何故三人の人間から殺してやりたいと思われるような男と(一人は嫉妬だけど)、ヒロイン(といっていいのかな?)が結婚しようと思ったのか。
そこが一番の謎だった。
最後で容疑者の一人がそのことについて考えを示しているけど、それだけの理由なんだろうか?
それにしてももっと他の人間が居たのではないだろうかと思ってしまう。

「どちらかが彼女を殺した」と比べて登場人物・視点の違いにより難易度がアップされているのだけど、解説を読んだときに犯人にたどり着く速さは、前作よりもかなり早いかと思われる。
今回の解説はストレートに答えを言っているようなもんだからな。
やはり犯人がわからずにモヤモヤする人が居てはいけないという配慮からなのかな。

相変わらずの読みやすい文章と、趣向を凝らした作りで面白かった。
ただ、やっぱり結婚する理由がモヤっとしたので★4つ。
[ 2010/09/24 15:33 ] | TB(0) | CM(0)

第9地区

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリーデヴィッド・ジェームズ

商品詳細を見る


DVD版を鑑賞。

人種差別を思いっきり皮肉った作品。
対象を宇宙人に変えて、それに対する人間の対応を描いている。

いやー、人間の汚い部分が色々と出ていて面白いね。
こういう映画は大好きです。

序盤の宇宙人を人間よりも下等な生物としてみている視点が、とっても人間らしい描写で良く出来ている。
宇宙人の卵?を殺すところなんて、まさしく人間だなーと思った。

中盤は主人公の立場が逆転して追われる身になる。
ただ、それでも自分(人間)は宇宙人とは違う、何故追われるんだということを思っているあたり、エゴ丸出しで面白かったな。

終盤は宇宙人側に立つのだけど、ここは最後の最後まで人間側でもよかったかなとかちょっと思った。
もちろん映画として面白かったし、宇宙人側で大勝利ってのも面白かったのだけど、違うストーリーも見たかったかな。

人間側がすごく悪役っぽく描かれているけど、もうちょっと普通でもよかった気がする。
特に考えもなしに人間は残酷でヒドイ生き物だと思うから、わざわざ悪役風にせず、淡々と残酷な行動を描いたほうが現実味があったかなと。
まあ、それだと映画としては面白さがなくなっちゃうのだろうけど。

エンターテイメントとしても面白いし、皮肉った内容も考えさせられる名作。
最後のドンパチは面白かったけど、なくてもよかったかなーって気もした。
★4つ。
[ 2010/09/24 14:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

カイジ

カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
(2010/04/09)
藤原竜也天海祐希

商品詳細を見る


漫画のおいしいところを映画化した作品。
内容がはしょられたり、簡略化されたりしているのは、まあ原作モノとしてはしかたないところだろう。

カイジ役が藤原竜也ということでカッコ良すぎるかな?とも思ったけど、この俳優、以外に二枚目よりも三枚目やダメ人間役とかが上手いし、あっている気がするので、個人的にはナイスな人選だと思った。

各ゲームの内容については、まあ決められた時間に収めるのには致し方ないのかなとは思うけど、それにしてももうちょっと一つ一つを丁寧に扱ってもよかったと思った。
特に「鉄骨渡り」別に入れなくてもよかったんじゃないかなと思った。
あれを外して「限定じゃんけん」と「Eカード」をもっと時間かけて欲しかったところ。
あと地下の話も無理矢理入れる必要はなかったのでは?

ただ映画という媒体・藤原竜也の人気・カイジファン以外が見てもある程度楽しめる、等々を考えたときにはこんな内容になるのかなーと思ったり。
たぶんカイジファンだったら「限定じゃんけん」や「鉄骨渡り」「Eカード」それぞれ単体だけでも楽しめたろうけど、それ以外の人は置いてけぼりになっちゃうからねぇ。

この映画を見て、原作を読んでみようと思う人がどれくらいいるのだろうか?
それを考えると映画単体としてはまあまあだけど、原作との相乗効果を考えるとあまりプラスにはなってないのかなと思ったり。
まあ、そもそも原作ファンはカイジを映画というか、実写に出来るとは微塵も思ってないだろうが。


それでもこの映画を単体で見たときには、唐突な描写もあるけど、ある程度テンポも良く、緊張感もあり、そこそこわかりやすい作りになっているので、原作知らない人は楽しめるのではないかなと思った。
原作を中途半端に知っている自分としては楽しめたしね。

★3つ。
熱心に薦めることはしないけど、ちょっとカイジってどんなのだろう?と興味ある人には薦めてみたいかな。
あと藤原竜也が好きな人にもいいと思う。こういったキャラの藤原竜也は好き。
[ 2010/09/24 14:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

悪意

悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
(2001/01/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る


加賀恭一郎シリーズでは4作目。
今回の作品は、構成が加賀と野々口の視点で交互に進んでいくところが面白い。

犯人は最初のほうであっさりと捕まる。
ただ、そこからがこの作品の始まり。
動機を隠す犯人とそれを探す加賀。
いくつかの手掛かりから犯人の動機と思われるものを推測していくのだが、動機がわかればわかるほど、膨らんでいく犯人への同情。
一度は納得しかけるその理由を根底から覆す真実。

二転三転する展開は、その都度驚きがあり面白い。
まさに「こうきたか!」と言うようなものだった。

「何故殺したのか」
その動機こそがこの本の焦点であり、タイトルであり、全てだったと言っていい内容。

最初期の伏線を最後に回収しているところとかは、作りとしてとても綺麗で好感が持てる。
こういった伏線の丁寧な回収というのは、推理小説には必須であり、丁寧に回収するからこそ面白くなるものだと思うから。
それにしても、全ての内容が最後に繋がっているのは見事としか言いようがないな。

あと今回、加賀の過去がちょっと出てきたので、加賀という人物を知ることが出来てよかった。


推理小説としてはちょっと変化球な感じもするけど、たまにはこういうのも面白い。
最後の最後まで驚きを与えてくれて楽しめたので★4つ。
5つでないのは、犯人の心情をもうちょっとだけ書いてもいいんじゃないかなと思ったから。
まあ、最後で言っているように、言葉ではっきりと表せるものではないんだろうから、書いたら書いたで蛇足になった気もするが。
無い物ねだりってやつかね。


加賀が「親友」について語っているシーン。
ここで「親友ならば」といっているが、卒業の際に出てきた彼らはそれぞれ親友ではなかったのだろうか?
過去にああいったことがあったのだから、何でもありと考えるのではないだろうか?
もしくは親友ではなかったのかな?
ちょっと引っかかる。
[ 2010/09/24 13:21 ] | TB(0) | CM(0)

どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
(1999/05/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る


加賀恭一郎、第三の事件。
今回は「読者への挑戦」じゃないけど、犯人を明確にしない形での終わり方となっている。

とはいっても、犯人がどちらかわからないというのではなく、良く文章を読んで、注意深く散りばめられているヒントを検証していけばわかる仕組み。

「ここまできて!!」
と焦らしプレイにヤキモキしたのだけど、話が知り切れトンボで終わっているわけではないし、あとがき部分に推理の手引きもあったので、ヤキモキを持ち越さずに済んだ。
それに、最後の一押しだけが書かれていないだけなので、読了後に再読しなくてもポイントだけ読めば犯人にたどり着けると思われる。
といっても、正解が書いてあるわけじゃないので、どこまで言っても自分で推理するして、その内容に確証を持つために状況一つ一つ検証していくのだけど。
まさに推理小説の主人公のように。

加賀が主人公ではあるのだけど、犯人を追い詰める役は被害者の兄の和泉。
和泉が探偵役であり、更に復讐を果たすため刑事である加賀に悟られないように、加賀を騙す犯人役もやっているという面白い構成。
そのため、加賀の出番よりも和泉の出番の方が多いのだけど、それでもポイント、ポイントで加賀が登場し存在感を示しているのは、加賀の魅力といったところか。

またこの和泉もとても良い味を出しているので、今後のシリーズで登場してほしいところ。
といっても、状況的に難しいかな?

読んでいるだけでも十分楽しいし、推理するという人も十分楽しめるのではないかと思われる構成。
あっという間に読んでしまうくらい面白かった。★4つ。

しかし、本当にこの人は、悲恋が好きなんだねぇ。
[ 2010/09/13 00:56 ] | TB(0) | CM(0)

眠りの森

眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)
(1992/04/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


「悲恋」

この本を表すならば、この言葉がとてもしっくりくる。
主人公「加賀恭一郎」は果たして幸せになれるのかどうか。
事件の解決と同じく、もしくはそれ以上に気になって仕方が無い。
まあ、上記の言葉が表している通り、なかなかうまくいかないのだけどね。

バレーという一般には馴染みの無い世界が舞台。
華やかな舞台の裏には、色々な思惑が交差しているだろうことが想像できるだけに、そういったことをうまく取り入れた作品に仕上げている。

犯人については最初から見当が付くのだけど、「何故」という動機が最後までわからなかった。犯行について特別なトリックがない分、犯人を特定するための動機とその状況がポイントかな。
前作がトリックが複雑で説明が冗長になってしまったこともあり、そこら辺を意識しての今作なのかなとも思った。

前作に引き続き読みやすい文章と引き込まれる描写で一気に読んでしまった。★4つ。
[ 2010/09/10 16:21 ] | TB(0) | CM(0)

ハーパーズ・アイランド

Harper's Island: The Dvd Edition (4pc) (Ws Ac3) [Import]Harper's Island: The Dvd Edition (4pc) (Ws Ac3) [Import]
(2009/09/08)
Elaine CassidyChristopher Gorham

商品詳細を見る


TUTAYAで日本語版を借りて見る。

この作品は1シーズンのみで終わるので、ダラダラと続くことなく一気に見ることが出来るのがよい点。
DVDも6枚なので、見ようと思えば一日で見ること出来るし。

昔の仲間が結婚式のために集まった島で、一人また一人と殺されていくという古典的な内容。
犯人は最後の方までわからず、誰が犯人なのかを考える楽しみはある。
あるのだけど、犯人がわかってからは、なんか単なる虐殺ものって感じになって、面白み半減。

こういったミステリー作品は謎解きやどうやって殺したのかというところが面白さのポイントなんだけど、そういったことがあまり詳しく語られていない。
また動機についても、一部はわかるのだけど、友達全員を殺す理由はなんだったんだろう?

殺すことを優先して、トリックや動機をおざなりにしちゃった感が否めない。
もうちょっと内容を詰めていたら、もっと面白かったのではないだろうか。

つまらないわけじゃないけど、もう一度見ようとは思わないかな。

海外ドラマが好きだけど、あまり長いのは苦手という人に。★3つ。
[ 2010/09/05 18:24 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。