ゲームとか漫画とか映画とか色々、好きなものや気になったものについて書いていけたらなと[2010/05/10]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェネラル・ルージュの凱旋(上・下)

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


田口・白鳥コンビの第三弾。

今回の現場は救急救命センター。
外科・小児科・救命救急と毎回場面を移し、医療現場の実態を訴えていくこのシリーズ。
テレビでマンガで色々と取りあげられているのである程度は認識しているけど、日本の医療現場はかくも危ういバランスの上で成り立っているのかと空恐ろしくなる。


いやー、今回は見事にエンターテイメントしていた。
「ちょっとカッコよすぎだろ!」と突っ込みを入れたくなる、主人公の速水だけど、それこそがこの小説の真骨頂。
そこを楽しめないともったいないし、あわない人はまったく楽しくないかと思う。

主人公である速水センター長は、独立独歩・唯我独尊という、おおよそ組織機構の中では生き残れそうにないタイプ。
こんな人間がいるわけないだろ、と思うからこそ、この小説を読んで、そして速水の語りを聞いて、スカっとする。
ただ、ちょっとキャラを作りすぎな気もするけど、それで面白くなっているのだからよいのだろう。


田口・白鳥コンビの活躍は今回は少なめ。というか、白鳥の出番がかなり少ない。
ただ、その分、活躍シーンは「これぞ白鳥!」と言わしめるくらい、白鳥節が聞いていて気持ちよい。
理屈ばかりの人間を、それ以上の理屈でやり込めるのは、本当に気持ちがよい。

今作は前作の「ナイチンゲールの沈黙」よりも、「チーム・バチスタの栄光」に近い作品。
なので、バチスタが楽しかった人にはお勧め。

ナイチンゲールと時を同じくしているので、同じ場面・ほぼ同じ文面の箇所がいくつかある。
当初は一つの物語として考えていたのを、後から分けたから同じ場面があるとのことだけど、だったら場面もわければいいんじゃないか?と思ったり。
物語的に繋がっていて意味があったのって、速水と冴子のやり取りくらいでは?
他もあったかもだけど、それぞれ独立していても話は作れたと思うし、そのほうがすっきりしていたと思う。

白鳥・速水、それぞれのアクの強いキャラがとても面白く、スピード感もありよかったのだけど、あいかわらずの上下巻には納得いかないので、★4つ。
スポンサーサイト
[ 2010/05/28 05:43 ] | TB(0) | CM(0)

ナイチンゲールの沈黙(上・下)

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂 尊

商品詳細を見る


ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂 尊

商品詳細を見る


「チーム・バチスタの栄光」に続く、田口・白鳥コンビの第二弾。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読もうと思ったら、こっちを先に読んだほうがよいとAmazonのレビューにあったので、ジェネラル・ルージュと一緒に購入。


これはあれだ、ファンタジーだね。

チーム・バチスタが冷たい刃物だとしたら、ナイチンゲールはほわほわした枕みたいな。
そのくらい雰囲気が違った作品。

医学的なこと・科学的なことは、前回同様そこかしこに登場する。
それこそ、読者を置き去りにするくらい。
ただ、そういった理論的な話がたくさんあっても、ストーリー全体に流れる雰囲気は、何か現実から半歩離れたところの話といった感じで、読んでいて奇妙な感覚を覚える。
特に事件が起こる前の前半部分はその色合いを強く感じた。

あえて例えるならば、菊池秀行著書の魔界都市ブルースシリーズのような感覚というのかな。
現実と非現実の境界線、その中で一時の平和な時間、そんなふわふわした感覚。
(あんな魑魅魍魎が渦巻く世界じゃないけど)

事件自体はバチスタのときのように複雑ではなく、いたって単純明快。犯人も事件発生時点からわかる。
殺人事件自体はメインではなく、その周辺をとりまく登場人物の状況・心理描写・関係性などがメイン。
白鳥の同窓である加納(警察)や、田口の同期である速水・島津など、多くの魅力的人物が登場して、盛り上げている(速水は「ジェネラル・ルージュの凱旋」では主役)。

物語の核心部分でもある歌の部分は、ミステリーとして読むとちょっと違和感を感じるかな。
実際に物語のようなことがあるのかどうかはわからないけど、それにしてもちょっとご都合主義的な設定のような気がした。
だからこそ、ファンタジーだなと思ったのでもあるし。

本作は次の「ジェネラル・ルージュの凱旋」と同時並行して起こった話となっているけど、わざわざ同時並行的な作りにする必要あったのかな?
読み終わって直ぐにジェネラルを読み出したのだけど、同じ内容が何度も出てきて、新鮮味がないというか手抜きというか、そんな感じだった。
「あそことここが繋がっているのか~」的な面白さはあるのだけど、ただそれでけ(ジェネラル上巻まで読了時)。
せっかく同時期の話なのだから、もうちょっと綿密な繋がりがあってもいいような気もする。でないと、同じ話を読まされるほうとしては退屈してしまう。

バチスタのような、切れ味の良い楽しさはないけど、田口・白鳥コンビの世界を広げるための作品としては面白かった。
ただ前作と同じように、何故上下巻にするのか非常に疑問であり、そこがかなりのマイナスポイント。

面白かったけど、バチスタと比べると面白さが欠けることと、上下巻がやはり不満なので、★3つ。
宮部みゆきのクロスファイアとか好きな人は好きかもしれない。

[ 2010/05/27 22:07 ] | TB(0) | CM(0)

チーム・バチスタの栄光(上・下)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


映画のAmazonでの評価が軒並み「原作の良さが生かせていない」というものだったので、読んでみたいと思って購入。

なるほど、読んで納得。
確かに原作を読んだ後に映画をみたら「原作のほうがよい」「良さが出てない」「心理描写が薄い」等、言いたくなると思う。
ただ、映画でこの原作の心理描写や人物像を表現するのはかなり難しいというか、無理なんではないかなと思う。
そういった意味では、映画は小説という題材を、うまく映画化していると思った。


でもって本題の小説。

この本は人物の魅力で読ませる類の本。
主人公の田口、厚生労働省の白鳥、病院長の高階などなど、一癖も二癖もあるキャラクターが魅力。
そんなキャラクターのやり取りで話がテンポよく進むため、続きをどんどんと読みたくなる。
上巻は聞き役主人公の田口が相手の話をじっくりと聞き、下巻で攻め役主人公の白鳥が登場人物に切り込んでいくという構成。
二人組みの主人公というパターンは昔から使われているが、前半と後半で見事に分けているため、メリハリがついていてより一層二人の違いがはっきり出ていて面白い。
ただ、主人公二人は目立っているけど、他のキャラクターもいい味あるのにちょっと薄いのが残念(高階病院長は出番多かったけど)。舞台が同じでシリーズ化されているので、再登場を期待。

犯人については、見当がついたとしても、素人には絶対に方法はわからない気がする。
動機についても、今風というか、読んでいて伏線があってそれを回収するというようなものでもないので(一応ちょっとはあるけど、そこから繋げるのはさすがに厳しい)、主人公になりきって犯人を捜すというのは難しいかな。
そういった古典推理小説とでもいう、犯人捜し的な楽しさは皆無。第三者として観て、楽しい作品。
犯人探しが好きな人・それを楽しみにしている人は、あわないかもしれない。

現役の医者が書いたというだけあって、専門用語がバンバンと出てくる。
ただ解説はほとんどなく、まったく知識がないと結構置き去りにされてしまうかも。自分は医龍等を読んでいたおかげで、ぼんやり輪郭程度はわかったけど、読んでなかったら言葉が理解出来ないせいで、面白さ半減していたかも。
わからなくてもそのまま読むことは出来るけど、やっぱりすっきりしない気持ち悪さがあるので、巻末にでも簡単な用語解説があってもよかった気はする(説明があっても理解はできないだろうと思うけど、何もないのは突き放しすぎかなーとも思う)。

映画を先に観て面白いと思った人は、是非とも原作を読んで損はない作品。
たぶん、映画も原作も両方面白いと思えると思う。
ただ買うときは上下巻セットで買うことを薦めます。薄いのですぐ読めてしまうからね。

面白くて一気に読んでしまったけど、この薄さで上下二冊に分けるのは意味がわからないので★4つ。
[ 2010/05/24 01:49 ] | TB(0) | CM(0)

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ

商品詳細を見る


アメリカCIAの諜報員の話。

情報戦がメインかと思っていたのだけど、あまりそういったところに力は入れられていない。
中盤、テログループを仕立て上げるところは、ちょっとそれっぽくて面白かったかな。でも、テロ側も調べたら偽装ってことわかるんじゃないのかね?

現場と本部の軋轢が描かれているのだけど、ちょっと大げさではないかい?
というか、あそこまで適当に扱ったら、せっかく現地で動ける優秀な諜報員が死んじゃったりしてもったいないのでは。

本部の上司は、自分たちの都合だけで、現場へ連絡もせず、勝手に作戦を進め、見事に失敗ばかり。
しかも、それを反省することもないという、アメリカそのものをあらわしているような作り。
また、部下が聞きに陥った際にも本部では助けられず、支援国の諜報部に助けられるという始末。
ここら辺は、アメリカを皮肉っているんだろうなぁ。

とはいっても、結局最後はテロ組織のリーダーは捕まり、主人公は無事でハッピーエンドという、アメリカご都合主義な展開で終わるという。
うーん、ハッピーエンドは嫌いじゃないけど、ちょっとこれは微妙。
もっとこう、別の終わり方もあったんじゃないかなーって思うんだよな。
ちょっとキレイすぎる終わり方だろ。

情報戦を期待したけど、そこらへんはメインとなっていなくて期待外れだったのだけど、それを除いても楽しめたので★3つ。
[ 2010/05/22 22:38 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る


小説で有名な作品の映画化。
名前から病院モノだとはわかったけど、ミステリーだとは知らなかった。

出演者がなかなか魅力的で、いい味を出していたと思う。
特にココリコ田中はハマリ役だった気がする。

内容も単調ではなく、最後の最後まで犯人がわからずに引き込まれていく作りになっており、よかった。
最後も「そうくるか!」といった感じで、いい意味で驚かされたし。

手術シーンについては、リアリティがあるのかどうかは詳しくないのでわからず。
病院については、あんな風に明るい感じの病院なんてあるのかな?って感じ。
もっとこう、病院独特の淀んだというか、テンション下がるというか、ちょっと暗い雰囲気なんじゃないかなと。
まあこれは、俺が病院に対して、どうにも良いイメージがないからなんだけどね。

この映画、どうも原作を読んだ人からはあまり良い評価をされていないみたい。
Amazonの評価を見ても「原作に比べると」「原作の良さが」といったマイナスな評価が多い。
まあ、500ページ近くの原作を2時間に収めるとなると、色々と省いたりする部分が出てくるから、原作の面白かった部分とか細かい心理描写とかは、表現しきれないんだろうなとは思う。
原作の評価がかなり高いので、今度買ってみよう。

特別な期待もなく、なんとなくで観て、十分楽しめたので★4つ。
[ 2010/05/20 03:47 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ハプニング

ハプニング (特別編) [DVD]ハプニング (特別編) [DVD]
(2009/08/05)
マーク・ウォールバーグズーイー・デシャネル

商品詳細を見る


正直、よくわからなかったというのが感想。

ジャンルわけをするなら、ホラー?サスペンス?になるのかな?
理解不能なものへの恐怖といった感じで。

人が理由もわからず自殺している光景は、なかなか衝撃的なものがある。
とくに、人が次々ビルから飛び降りるシーンと芝刈り機で引かれるシーンは。
そういったシーンも淡々と描かれているので、あまり残酷には見えない。

ただ、映画全体が淡々と流れるので、なんとなーく観てそのまま終わってしまうみたいな感じ。
今ひとつ映画が言いたいこともわからなかったし。

自殺の原因は一応「植物では?」って言われているけど、原因究明とかは特になし。
謎は謎のまま終わる。
これは観ていればそういった終わり方しかないだろうなと思ったので、特に驚きもなし。

主人公夫婦のやり取りは必要だったのかな?
あと後半のお婆さんはどんな意味があったのだろう。よくわからなかった。

なんというか、色々と考える人は好きな映画かも。
映画を観てスッキリしようとか、楽しさを求める人はあわないかもしれない。

スッキリしない終わり方だったけど、そもそも期待していなかったので★2つ。
[ 2010/05/19 16:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

リンクについて

おはようございます。こんばんは。
この時間はどっちがいいのでしょうかね?

リンクについてですが、リンクするのも、リンクを外すのもフリーです。
(してくださる人がいるかはわかりませんが、、、)

私のほうも気になったサイトはリンクさせていただきます。
その際、一通りリンクについて記述がないかを見させていただき、何もなかった場合は特に連絡せずリンクさせていただいてます(メールフォームがサイトにあった場合は、特に記述がなくても連絡するかもしれません)。
リンクについて連絡必要等記述がある場合は、サイトのルールにならいたいと思います。

あと、リンクされていてイヤだという人は、リンクを外しますので、その旨連絡ください。


ではでは、よろしくお願いします。
[ 2010/05/16 03:40 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

エリン・ブロコビッチ

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]
(2007/07/25)
ジュリア・ロバーツ.アルバート・フィニー.アーロン・エッカート

商品詳細を見る


実話を基にした、サクセスストーリー。

派手な服装・乱暴な言葉使い・離婚歴2回・子供3人・預金残高16ドル。
そんな主人公が、1枚の書類から大企業の環境汚染を暴き、巨額の和解金を手にするまでのお話。

この作品では、環境汚染や巨大企業vs地域住民、強い女性・シングルマザーなどなど、色々な要素を盛り込んでいて、それぞれがなかなかうまく表現できているのかなと思う。

ただ、せっかく巨大企業を打ち負かしたのだから、そこらへんの描写をもうちょっと見たかった気もする。まあ結果はわかっているから、そこらへんは省いた感じか。

それとは別に強い女性は、必要以上に強調されているように感じた。
ただ、それを表現するのに、わざわざ相手を汚く罵る必要はないのでは?と思ったり。言い回しとかは、嫌いではなく好きなほうだったけどさ。
まあ、実話がそうだったのかもしれないけど、ちょっと気になったかな。

主人公に扮するジュリア・ロバーツが、きれい過ぎないのがよかったな。
やっぱり美人はどんな格好・化粧でも素敵だなーって思った。

扱っている問題は深刻な問題だけど、エリンの気持ちいい行動が、見た後にスカっとした気分にさせてくれる良作。

昔の作品だけど今見ても楽しめるし、2時間オーバーなのに長さを感じなかったので、★4つ。

[2010年05月15日]
[ 2010/05/15 02:23 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2012

2012  スタンダード版 [DVD]2012 スタンダード版 [DVD]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る


いやー、なんていうのかな。
とりあえず、監督は地球ぶっ壊したかったんだろう。
あと、特権階級?への皮肉が言いたかったと。
ホワイトハウスが空母で潰されるとこなんて特に。

ご都合主義満載だけど、まあそこはそういうもんだと割り切ってみないと。
でないと、この系統の映画は見れないから。

主人公の一人である学者先生は、嫌いなタイプだな。
土壇場になって安っぽい正義感振りかざしやがって。だったら、最初から計画に参加しないか、もっとしっかり予測して人類全員助けろよ。
それが出来ないから、世界各国で頭使って出した結論だったんじゃねーのか?それが間違いだったとしても、人類最大級の津波28分前に人間愛を唱えている場合か?時間と場所を考えろ。どうせ多くの犠牲の上に出来た船じゃねーか。
あと、それに賛同している各国首脳もどうかしてるけどな。だったら、もっと早くゲート開けよと。

それと、金でチケット売るのが悪いことか?
そこに突っ込んでる学者先生、どうなんだよ。そっちじゃなくて、チケット販売を公表してないことを突っ込め。
あと、部屋の広さをみて「10人も入れるじゃないか!」とか怒ってたけど、だったらテメーはなんで鞄いっぱいの本を持ってきているんだと。
最後なんて、結局その部屋で大統領の娘とイチャイチャしてるし。なんなんだ。

もう一人の主人公もなんだかなーって感じ。
家族(離婚してるけど)のために頑張っている風なのだけど、実際のところ頑張ったのは元妻の彼氏ばかり。まあ、最後に少し頑張ったけど。
それで、最後は彼氏は死んじゃって、主人公が家族四人幸せみたいな感じで終わるのはどうなの?

それにしても、ノアの箱舟まんまとは。
ノウイングに続き、聖書モノを二本続けてってのは、ブームなのかな?

ヒマラヤに船がぶつかるっていうのがちょっと面白かったのと、彼氏の頑張りがよかったので、★2つ。
ノウイングよりも評価高いのは、見る前の期待度の違いかな。
CG作品が好きな人は見てもいいかも。

[2010年05月06日]
[ 2010/05/15 02:21 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ノウイング

ノウイング プレミアム・エディション [DVD]ノウイング プレミアム・エディション [DVD]
(2010/01/06)
ニコラス・ケイジチャンドラー・カンタベリー

商品詳細を見る


50年前に埋められたタイムカプセルから出てきた数字だらけの紙。
その数字の意味は?

数字の解読がメインかと思って、暗号解読モノが好きな自分としては楽しみにしていたのだけど、解読部分はあっさりしていて、なんか家族愛とか運命がどうのことうのとか、そっち方面ばかりで、暗号作品としては面白みほとんどなし。

結局、数字はなんだったのだろう?
人類への警告?でも、地球が滅亡することは決まったことだったみたいだし。そうなると、数字は単純に起こることを記しただけ?
でも、それだったら別にいらないじゃん。わかる人たちはわかってるし、わからない人を救うこともできないのだから。

主人公がバカすぎるのがムカついた。
なんで、真っ暗な夜に、誰かに狙われているかもしれない子供を、車の中に置き去りにするんだ?お前はアホかと??
あと、逃げるといいつつ逃げなかったら、その行動自体を疑うだろ。ちゃんと説明しろと。説明する時間がないのかもだけど、運転しながらでもできるだろうに。
パニックっているといっても、ちょっとバカすぎないか?

最後、アダムとイブっぽく他の星に主人公の子供ともう一人が降り立つけど、他にもいっぱいいて、ちょっとなんだかなーと思った。
どうせならば、二人だけのほうがよかったんでは?

あと石はなんだったんだろう?最後までわからず。
説明シーン、見逃したかな。

最後の最後に地球がこんがりキレイに焼けちゃうけど、あそこのCGに金かけるのならば、あのシーンなくして内容にもっと金かけたほうがよかったような気がするな。そんなに重要なシーンでもないだろうし。

聖書を読んだことがないので、最後のシーンとかみると、もしかしたら読んでいるともっと楽しめる(もしくは、うなずける)のかな?

好きな人は好きだと思うけど、自分は期待と大きく違ったので★1つ。

もっとリサーチしてみないとかなー。
でも、映画ってそうやってみるもんじゃなしな。難しいところだ。
そして、ここ最近、ニコラス・ケイジが出る作品は、微妙なのばかり見てるな。

[2010年05月06日]
[ 2010/05/15 02:19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

トランスフォーマー/リベンジ

トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション  [DVD]トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/12/18)
シャイア・ラブーフミーガン・フォックス

商品詳細を見る


前作よりもすごいCGできるようになったからみてー!って映画。

色々と派手なんだけど、ロボット形態になっちゃうと誰が誰だがかわかりずらいので、変形しないでほしい。

本編長すぎ。150分もいらないだろ。90分くらいにできるって。
無駄にダラダラと長引かせる演出が多くて、映画館だったらよく寝れたろう。

難しいストーリーとか持たせようとしなくていいから。
そもそもが無理なんだから、ロボットが派手に戦っているというだけの映画にしちゃえばよかったのに。

G.I.ジョーと同じく、CGすごいぞB級映画なんだけど、無駄に長いところが大きなマイナスポイント。
あと、ストーリー性を無理にだそうとしたところね。★1つ。

[2010年05月03日]
[ 2010/05/15 02:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

G.I.ジョー

G.I.ジョー [DVD]G.I.ジョー [DVD]
(2009/12/11)
チャニング・テイタムシエナ・ミラー

商品詳細を見る


B級アクション映画という期待を裏切らない出来。

難しいことを考えず、ビール片手につまみを食いながら見るのに最適。

ただ、ちょっと中だるみ的なところ(エッフェル塔が倒れるまでのシーンや最後の場面など)があったので、もっと短くしてテンポ良くしてみよかったかも(100分くらいにまとめてよかったのでは?)。

完全に次回作がある終わり方だったけど、まあGIジョーというタイトルから一作では終わるわけがないので、それも織り込み済み。
さっさと次を作ってくれと。

とりあえず期待通りに楽しめたので★4つ。

[2010年05月02日]
[ 2010/05/15 02:14 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

イーグル・アイ

イーグル・アイ スペシャル・エディション【2枚組】 [DVD]イーグル・アイ スペシャル・エディション【2枚組】 [DVD]
(2009/06/19)
シャイア・ラブーフミシェル・モナハン

商品詳細を見る


どんな内容なのかを知らずに見た。

どこの誰かもわからない相手に、目的も告げられず、無理矢理従わせられるというのは、どこかで見たような内容。
最初は誰が操っているのかはわからないので、その正体が気になる。
ただ、中盤になると正体がわかるのだけど、これがまたSFの古典を引っ張り出してきていて、ちょっと拍子抜け。
別に悪いわけじゃないのだけど、何か既存作品を繋ぎ合わせただけに見えてしまった。

何で一般人を操っていたんだろ?っていうのは、最後の方でわかるのだけど、女性の方は何か選別に理由があったのかな。ちょっとそこはわからなかった。
命令をロックされているからといって、あんだけ自由に色々なことが出来るのだから、命令自体を書き換えることや別の命令で上書きすることも出来るような気がするのだけどなー。

しかし、アメリカのカーナビってネットに繋がっているとしても、好きなこと喋れるような機能というか、双方向でやり取りできるのか?すげーな、おい。
あと重機もネットに繋がっているんだ。しかも、自由にネットワーク越しに操作できるとは。本当か?

この手の設定は好きなので、最後まで飽きずに見ることはできたけど、ちょっと似すぎだろーって思ったので、★3つ。

[2009年06月29日]
[ 2010/05/15 02:12 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

地球が静止する日

地球が静止する日 [DVD]地球が静止する日 [DVD]
(2009/11/20)
キアヌ・リーブスジェニファー・コネリー

商品詳細を見る


1951年に作成された同名のリメイク作品。

ストーリーは、今となっては古めかしく感じてしまう内容。
人類は地球にとっては害虫でしかなく、地球を救うためには人類を抹殺するしかないってやつ。
設定の古臭さはリメイクということでしかたないだろう。

CMでは塵になっていくスタジアムが印象的だったけど、実際に見るとあっという間の出来事で、しかもたいしたことが無いという。

主人公の女性科学者が宇宙人であるキアヌを逃がすのだけど、逃がしてそのあとどうするつもりだったんだと。いくらなんでも、場当たり的すぎないか?

キアヌはキアヌで、なんで地球人抹殺をやめちゃったの?
仲間が70年間一緒に暮らして出した結論に基づいて実行したんだよね?
それをなんかよくわからない家族愛?を見ただけで止めちゃうって。70年間の調査なんていらないじゃん。

人類が地球にとって害だというのは、今の状況を見れば確かにその通りかなと。ただ、だからといってそれでも人類は地球に住んできたのだから、それを抹殺するってのはどうなんだ?
それがはるかに進んだ文明をもったものが下す結論?結局邪魔者は消せってこと?人類と同じじゃん。


派手なアクションがあるわけでもなく、ドキドキするような展開があるわけでもなく、淡々と進むので、娯楽としてみると物足りなさを感じると思う。
それに売りであろうCGも今ひとつちゃちなので、楽しさ優先でみると期待はずれかもしれない。

ただ、駄作というわけでもなく、この作品が言いたかったことを考えながらみると、それはまた別の楽しさがあるかなとは思う。
(Amazonの評価で書いてあったけど、地球と一番共存している生物は虫であり、だから人類を滅ぼす兵器も虫の形をしている。とかそういったことを考えながらみると面白いかも)

つまらなかったわけではないけど、キアヌが攻撃を止めた理由が「なんで?」って感じだったので、★2つ。

[2009年05月23日]
[ 2010/05/15 02:10 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

時をかける少女

時をかける少女 通常版 [DVD]時をかける少女 通常版 [DVD]
(2007/04/20)
仲里依紗石田卓也

商品詳細を見る


「Time waits for no one」

大人でも子供でもない17歳、高校生の夏。
毎日が永遠に続くと思っていた日々。
誰もが一度は体験したことがある、甘酸っぱくも切ない気持ち。
そんなものをいっぱいに詰め込んだ作品。


いまさらながらに見た。
この作品を映画館で見た人は勝ち組だと思う。
うらやましい。

なんともいえない、見た後に清々しくなる作品。
エンディングで流れる奥華子の歌が沁みる。

何度か出てくる主人公の号泣シーン。
この号泣がとてもあっていて、それぞれのシーンごとに気持ちをつかまれる。

タイムリープを手に入れた主人公のバカさ加減。
くだらないことしていると見てしまうけど、たぶん同じ年代だったら同じようなことをしたかなーとか、妙に重なるところもあったり。

おばさんが好き。ああいう人には惚れる。
原田知世の声優も、役柄とあわせて合っていたと思う。

タイムリープについて突っ込みどころはあるけど、それは考えちゃいけない。そこが本題の作品ではないのだから。

主人公と同じ年代でみたら、たぶん泣いていたかもしれない。
そんな作品。

期待を裏切らない素敵な作品。
★5つ。

[2009年03月22日]
[ 2010/05/15 02:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記 [DVD]ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記 [DVD]
(2009/11/18)
ニコラス・ケイジヘレン・ミレン

商品詳細を見る


トレジャーハンター第二弾。

今回はリンカーン暗殺の謎に迫るというもの。
主人公の祖先が暗殺者の一味であるとされ、その汚名を晴らすために主人公が活躍するというお話。

今回も歴史の「if」をネタに色々な謎解きの仕掛けを仕込んでいるのは前回と同じ。
この謎解き部分が一番面白いところであり、この映画の肝であると思うのだけど、ちょっと大味だったかなーと思うところも。
アクションとかそういうのを減らして、もっとじっくりと謎解きのシーンを見せて欲しかった。ちょっとドタバタしすぎな感じがあった。

これはたぶん、インディ・ジョーンズを意識してのことなのだろうけど、わざわざ同じ土俵に上がらなくてもいいと思うのだけどな。
実際にありそうな話をうまく絡めていて、謎解きだけでも十分面白いと思うのに。
ただ、それだとちょっと地味になりすぎちゃうのかな。

最後の最後で敵役もいい人になってしまうのだけど、だったら最初から敵対しなくてもよかったんじゃないの?って思ってしまうほど、あっけなくいい人になってしまったのが残念。

ちょっとドタバタ忙しい感じはするけど、十分楽しめる作品。ただ、第一作目ほどのドキドキ・ワクワク感はなかったので★3つ。

[2009年02月22日]
[ 2010/05/15 02:06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

NEXT

スマイルBEST NEXT -ネクスト- スタンダード・エディション [DVD]スマイルBEST NEXT -ネクスト- スタンダード・エディション [DVD]
(2009/10/23)
ニコラス・ケイジジュリアン・ムーア

商品詳細を見る


久しぶりに、見て損したかなーって思った映画。
いやー、ここまでヒドイとは。
これ、劇場でやっちゃだめろ。見た後に「金返せ!!」って叫ぶよ。

2分先が見える男が、その能力を使って、カジノで儲け、好きな女性を口説き、テロを防ぐという話。
未来を見たことによって未来が変わると劇中で何回もいっているのに、もう見まくり。そんなに見たら、変わり過ぎて困るのでは?
というか、分身の術は笑えた。あれ、もう2分先を見るとかそういう次元じゃないだろ。
最初のカジノのシーンは面白かったのだけどなー。

そしてオチ。
いや、いや、いや。これはない。
いくらなんでも酷すぎるだろ。週刊連載漫画の打ち切りじゃないんだからさ。

あと、なんか忙しい映画だった。疲れた。

いや、もう、びっくりするくらい酷かった。
初の★0。

[2009年01月25日]
[ 2010/05/15 02:03 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ブラックサイト

ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
(2009/11/04)
ダイアン・レインビリー・バーク

商品詳細を見る


サイトの閲覧数に応じて被害者の死が早まるという「KILL WITH ME」。
このサイト作成者を捕まえようとするFBI捜査官の物語。

最初は猫。その後は人。そして段々と残虐になっていく殺しの手口。そして回を重ねるごとに早くなっていく、死までの時間=アクセス数。

誰も見なければ死なない。しかし、自分が直接手を下しているわけではない・他の人も見ているから、いや単なる好奇心が一番の理由で人は見てしまう。
誰もが持っている押さえ難い好奇心をうまく取り込んだアイデアは、今の時代にピッタリ。
またテンポもよく、最後までダレることなく見ることができるのも良い。

犯人は見ている側には結構早めにわかるので、そこらへんはちょっと意外だった。最後の最後にわかるか、もしくは生死不明みたいな感じかなーって思ったんだけど。
まあ、スッキリしない終わり方よりは全然よかった。
犯人を割り出すシーンも、動機などしっかりしていて、納得できるものだったし。

ただ、最後は結構あっけなかった感じだったな。
テンポがいいというか、駆け足で終わらせたって感じ。もうちょっと淡々としていてもよかった気がする。

映画の最初、サイトの説明を主人公が上司にするのだけど、説明が終わって上司が一言「何をいっているのかまったくわからない」みたいなことをいっているのだけど、このセリフは見事だなーって思った。
ちょうど同じタイミングで、わからない人はチンプンカンプンなんだろうなーって思ったので、この一言は見ている多くの人の心を掴むのと同時に、主人公に感情移入させるのではなく第三者という位置付けに置く役割があったように思う。
内容が悪意のない第三者による殺人なだけに、それに掛けているのかなとか思った。

コンピューターの専門的なことは、本当に映画の中のようなことができるのかどうかはわからないけど、とりえあずそこがポイントではないので、気にしなければ問題ないレベルかなーって思う。
(FBIのその方面では専門的な捜査官なのにテキトーすぎるだろっていう場面もあるけど)

ネットを題材にした映画はガッカリさせられることが多いのだけど、これはガッカリすることもなかったし、最後まで楽しめたので★4つ。

[2009年01月25日]
[ 2010/05/15 01:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]
(2008/05/21)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


ヤシマ作戦までを、適度にまとめて今のクオリティで絵を起こし直した作品。

再構築ってことらしいけど、結局のところは初代エヴァを見た人向けの総集編以上のものではなかったかなー。
TV版を見てない人は、話が飛び飛びすぎて意味がわからないだろうし。

「序」ということもあり、かなりあっさりとした作り。
後半のヤシマ作戦を盛り上げたかったがために、それ以外をすっ飛ばしたって感じだけど、もうちょっと丁寧に作ってもよかったのではないかなと思ったりも。
ただ、必要なところは押さえているので、総集編という意味ではきれいにまとまっていたというべきなのかな(だから、初見の人にはわからないだろうと思ったし)。

ヤシマ作戦はラミエルがCG全開で、合体変形ロボットばりにいろいろと形態を変えるのがみていて結構面白い。
ただ、第一射目については、TV版のほうがよかったかな。あのすれ違うときの表現好きだった。

「序」ということで全体的にあっさりだけど、続く「破」の予告編はいやがおうにも盛り上がるものだったので、早く続きがみたい。

TVシリーズをみた人は、見て損はない作品かなというところで、★3つ。

[2008年09月26日]
[ 2010/05/15 01:54 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

キングダム

キングダム/見えざる敵 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]キングダム/見えざる敵 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
クリス・クーパージェイミー・フォックス

商品詳細を見る


サウジアラビアとアメリカの関係を扱った作品。

110分という時間のわりには、眠くなることもなく見ることができた。
たぶんこれは、セリフを良く聞いてないとわからなくなるかなというのと、吹き替えで見ていたからだろう。
たぶん字幕だったら寝てたと思う(見た時間2時過ぎだし)。

自爆テロによりFBI捜査官が死んだため本国より四人のFBI捜査官が現地入りして犯人を捜すのだけど、入国するまでも一筋縄じゃいかないし、入国してからも文化の違いなどにより思うように捜査が進まないところなどは、実際にこういうものなのだろうなと思った。
ただ、それにしても、駐在アメリカ大使のバカっぽさっぷりはひどすぎねーか?あの態度を報告したら解雇とかされないのかね?
まあ、主人公の引き立て役なので、必要以上に悪く扱っているのだろうけど、本当にああいう風な気もする。

後半のクライマックスはテロとの銃撃戦なのだけど、これはあれだ、あまりにも主人公たちに弾があたらなすぎだろう。
いや、あたっても物語としては困るのだけど、それにしても四方八方を囲まれて一発もあたらないって、どういうこと?
仮に主人公達はFBI内でも銃撃戦のスペシャリストで(FBIで銃撃戦のスペシャリストっていうのも既におかしいかもだけど)、敵はテロリストといっても実はまだ昨日初めて銃を持ったばかりの新人だったとか?
いやいや、それにしてもビルの上からも撃たれているのに、車の影に隠れているだけで大丈夫って、どういうことだよ。
つーか、エンジン撃ったら、車爆発しねぇ?

と、銃撃戦については、ご都合主義満開だけど、ここがこの映画で見て欲しいところではないので、どうでもいいかなと。寝ないためのアクセントと思えばよいです。

この映画は最後の台詞。
それだけあれば十分というくらい、最後の台詞に凝縮されていた。
この台詞があらわすように、こうやって連鎖していくのだろうなと、なんだか妙になっとくしてしまった。
まったく救いはない終わり方なんだけど、綺麗な終わり方よりもよかったと思う。

期待せずみて、面白かったので★4つ。

[2008年08月24日]
[ 2010/05/15 01:52 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ウィル・スミスアリーシー・ブラガ

商品詳細を見る


「アクション大作」というふれこみで宣伝されているけど、アクションには期待しちゃいけません。
というか「世界にたった一人」というのが売りのはずなのに、アクション大作って、完全に矛盾してると思うのだが。

前半の雰囲気はいいのだけど、後半がなんかグデグデ。もっと淡々と進めたほうが面白かったと思うのだが、どうだろう。

とりあえず、バイオハザードが受けてるから、ちょっと違った視点で作ってみよー的なノリで作られた作品のような気がしてならないのは気のせいだろうか。

観れないほどとりあえずつまらないわけじゃないけど、見た後になんかこう期待外れな気分にさせる、そんな作品でした。

前半は面白かったけど、後半がイマイチで期待外れだったので、★2つ。

[2008年05月05日]
[ 2010/05/15 01:49 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

バイオハザードⅢ

バイオハザード III デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]バイオハザード III デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
(2009/08/05)
ミラ・ジョヴォヴィッチオデッド・フェール

商品詳細を見る


ミラ・ジョヴォヴィッチが全ての映画。

これ、別に3いらなかったよね?
というか、なんか話がまったく進んでいないように感じるのは気のせいなのか??

とりあえず4も作れるようにして終わらせているのが、なんともいえない。
もう作ってたりするのかな?
だったら、いっそのこと同時上映とかにすりゃいいのに。つーか、一本の映画にしろと。

今回のボスはあっけなかったなー。
存在感が皆無でしたよ。もうちょっと盛り上げてほしいもんです。

しかし、広大な砂漠って、なんかバイオはもうどうでもいいっぽいなw

ボスがあっけなかったのと、なんとも中途半端な作りだったので★2つ。

[2008年04月21日]
[ 2010/05/15 01:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

トランスフォーマー

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/07/04)
シャイア・ラブーフミーガン・フォックス

商品詳細を見る


懐かしのトランスフォーマーが最新CGを使ってスクリーンに帰ってきた!!

っていうだけの映画だったなー。
ストーリーもあるんだか、ないんだか、よくわからない内容だったし。
なんでメガトロンは人類を滅亡させようとしてんだ?別に人類じゃなくても、知的生命体だったらなんでも滅亡させるつもりなのかな?
そして、そもそも、なんでコンボイたちは、地球の車に変身してんだよw
まあ、ここら辺を突っ込んだら、そもそもトランスフォーマーが成り立たないので突っ込んではいけないのだけど、せっかく映画にするのだから、コジ付けでいいから理由を考えてほしかったなー。
あ、でも、アメリカじゃあトランスフォーマー自体が有名だから、そこらへんは既に前提知識としてあるってことなのかな。

まあ、あれだ。
CG技術すごいだろー!ってのを見せたかったらから作った映画って感じですな。いや、向こうではそれなりにはやったかもしれないけど、日本じゃあCMだけで、公開後は話題にあまりなってなかったみたいだしね。
★1つ。

[2008年01月27日]
[ 2010/05/15 01:41 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

サンシャイン2057

サンシャイン2057 (特別編) [DVD]サンシャイン2057 (特別編) [DVD]
(2008/10/16)
キリアン・マーフィ真田広之

商品詳細を見る


太陽の活動が停止し、地球上の生物が滅亡してしまうため、太陽復活計画を遂行するために頑張るクルーの物語。

まあ、昔からよくある題材です。
基本路線はかわらず、最初は順調だけど、途中で予期せぬトラブルが続出。少なくなっていくクルー、謎の信号、正体不明の第三者などなど、安心してみれます。
その分、驚きもないけど。

映像がキレイというのがどうも売りらしい。
たしかに、太陽の描写とかはキレイだったなー。ただ、それだけだけど。

太陽=神ってことで、宗教がかった話に途中なるけど、結局最後は人がでてきて、下らない話に成り下がってしまったり。
まあ、所詮人間はそんなもんだってことをいいたかったのかもしれないけど、どうせだったら、最後まで淡々と進んだ方がよかったかなー。
というか、そもそも宗教的な味付けはあまり好きではないのだけどな。

特別な期待をせずに見ると、そこそこ楽しめる作品かな。
★3つ。

ちなみに、一緒に入っていた「BONES」というアメリカドラマ、これは面白かった!
これを見るために借りてもいいくらいだよ!!

[2007年11月11日]
[ 2010/05/15 01:38 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

アウトブレイク

アウトブレイク [DVD]アウトブレイク [DVD]
(2010/04/21)
ダスティン・ホフマンレネ・ルッソ

商品詳細を見る


人間の10億分の1のウィルスが人間を脅かすというストーリー。

密輸したサルからウィルスが広がる過程は、スリリングでありハラハラさせられる。

軍が密かに作っていた細菌兵器、そしてそれを隠すために妨害を行う上司、命令を無視して感染を食い止めようとする主人公と、お約束な展開ではあるけど、うまい見せ方とスピード感で、飽きのこない作りとなっている。

ずいぶんと前の作品だけど、今見ても十分面白い作品。
まあ、なんで一方は完全防備の姿で一方はマスクのみなんだとか、突っ込みどころあるけど、そういうのを気にしなければ楽しめる。

この映画を見た後に本を買ったくらい興味を引かれたので★4つ。

[2007年11月10日]
[ 2010/05/15 01:37 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

バイオハザードⅡ アポカリプス

バイオハザードII アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]バイオハザードII アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2008/03/19)
ミラ・ジョヴォヴィッチジャレッド・ハリス

商品詳細を見る


当たり前なんだけど1からの完全な続き。
これ単体で見ても面白くない。というか、意味がわからない。

前回は地下の研究所だったけど、今回は一転して街全体がゾンビだらけ。
つーか、あんなになっても軍隊出動しないって、アンブレラ社ってどんだけ権力もってんだ。

アリスとネメシスの戦い、さすがに肉弾戦を挑むのはいくらなんでも無謀すぎるだろ。それこそ、ロケットランチャーで遠くから撃ちまくるくらいしたほうがいいって。

ゾンビ犬、今回も大活躍。
燃やされちゃうけど。

今回も3ありきの終わり方で、1よりも期待させるような終わり方だったので、これは3を見ないと気になってしかたないですな。
★3つ。

[2007年11月10日]
[ 2010/05/15 01:33 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

バイオハザード

バイオハザード〈廉価版〉 [DVD]バイオハザード〈廉価版〉 [DVD]
(2007/10/03)
ミラ・ジョヴォヴィッチミシェル・ロドリゲス

商品詳細を見る


ゲームの映画化。
なんだけど、ゲームをやったことがないのでゲームとの違いとかそういうことを考えずに、純粋にアクションものとして楽しめました。

出だしの謎めいた感じや、突然の特殊部隊の侵入、徐々にわかってくる状況など、引き込まれる展開はよかった。
ただ、何が起きたかわからない場所に侵入するのに、ちょっと人数少なすぎやしないかい?とか思ったり。

レーザーのトラップは見応えあって面白かった。もっとああいうのあってもよかったんだけどな。
ゾンビ犬はいやらしかったな~。ああいうのが一番こわいよw

思いっきり中途半端に終わるけど、これは最初から続編作ることが決まっていたってことなんだろう。まあ、人気なければ中途半端のまま終わらせることもできたろうけど。

ゾンビになっているのに頭を打ち抜くと倒せるっていうのは、どうなんだろう?
まあ不死身でいられても困るんだけど。

とりあえず、見て面白かった作品だったー。
ちなみに、これをみるならば、2も一気に見てしまうのがよいね。
★3つ。

[2007年11月10日]
[ 2010/05/15 01:30 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

スパイダーマン3

スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
(2009/06/03)
トビー・マグワイアキルステン・ダンスト

商品詳細を見る


三部作の完結編。

今回は敵が多い。
宇宙からの謎の寄生生物ヴェノム、実験に巻き込まれ砂人間になったサンドマン、親友ハリー扮するゴブリンJr。
それぞれで一本話がつくれそうなくらいなのに、三人も登場するのだから、スパイダーマンも忙しい。

一応ヴェノムがラスボス的な位置づけなんだけど、どうにも一番印象が薄いんだよね。ドラマがないというか。
サンドマンやゴブリンJrは、スパイダーマンとの因縁があるけど、ヴェノムはそういうのがないからかなー。
スパイダーマンとの、糸を使った空中戦は楽しかったんだけどね。

毎度のことなんだけど、マーベル作品の特徴なのか、説明がほとんどないんだよね。
サンドマンが誕生するところなんて、そもそもなんの実験してたんだ?って説明ないし。ここら辺は国民性の違いなのかなーとか思ったり。邦画だったら、ちょっと鬱陶しいよってくらい説明しそうだからね。
あと、教授が完全に説明役だったのが、なんか不憫だったwもうちょっとちゃんと扱ってやれよw

今回で一応完結ってことで、話もとりあえずまとめたという感じ。
三部作の中では、話としてもアクションとしても2が一番よかったかなー。3はもうちょっとそれぞれとの敵ともっとしっかりと戦ってアクションを見せてほしかったという気持ちがあるので、★3つ。

ちなみに、今回もピーターの浮かれっぷりが、みていて恥ずかしくなるくらい、ひどかったですw


[2007年11月03日]
[ 2010/05/15 01:27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

メッセンジャー

メッセンジャー [DVD]メッセンジャー [DVD]
(2005/03/02)
飯島直子草ナギ剛

商品詳細を見る


難しいこと考えずに見れる娯楽ムービー。

自転車の爽快感をうまく伝えているとおもう。
たしかこの映画が公開されてから、よく自転車便を見るようになった気がする(気がつくようになっただけかもだけどね)。

バイク便がヒドい扱いになってるけど、まあこれは対比ってことでしょーがないのでしょう。

一番好きなシーンは、尚美が横田のかわりに自転車に乗って、無線で連絡を入れるシーン。
あの「うそ!ほんとに!!」っていう雰囲気が伝わるシーンが好きだなー。

あと、商社の太田さん。
この人がいい味出してるんだよねー。結構こういう人好き。
そして、飯島直子はやっぱりかわいい。
きれいな飯島直子よりも、かわいい飯島直子がいいね~。

キャストがそれぞれいい味出していたので、★4つ。

[2007年11月02日]
[ 2010/05/15 01:24 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

アンフェア the movie

アンフェア the movie [DVD]アンフェア the movie [DVD]
(2007/09/19)
篠原涼子

商品詳細を見る


ドラマが面白かったので、期待して借りてみたけど、見事に期待はずれだったなー。

「とりあえず映画つくってみたー」って感じの作品で、ドラマのときのようなドキドキ感とか、誰が裏切り者だ?っていうハラハラ感はなくなっていたな。
たぶん、話の作りからして、ドラマのほうがあっていたのだろう。ドラマだと1時間ごとに話が途切れて、その度に色々と考える時間があって、それがいい感じで謎を深めているんだろうな。

映画だとそういう時間なくて、どんどん進んでいっちゃうので、ドキドキ感もハラハラ感もなく、なんか惰性で進んでしまうので面白さ激減。

とりあえず、ドラマを見ていた人向けってことで。
まあ、見なくても別にどうということもないので、気になる人向けですね。
★1つ。

[2007年10月29日]
[ 2010/05/15 01:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。